シチリアのオリーブを粉砕します

今日のレシピは、秋の匂い, 南の土地でシチリア: 砕いたオリーブシチリア. オリーブの収穫時に必須ディッシュ (シチリア島のように9月上旬として, しかし、他の地域では10月か11月にも、). 砕いたオリーブのレシピは、私たちの美しい南イタリアの伝統で、, 数年前までは, それぞれの家族が自宅で準備し、オリーブ、食塩のものを粉砕しました. 本日は, 残念なことに, あなたがスーパーマーケットでそれらを購入することを好むオリーブ, 私は、メモリのこの美しい儀式を続けていきたいです. 砕いたオリーブ、シーズンの準備 (シチリアでcunzate) それは簡単です, しかし、あなたはいくつかのヒントに従わなければなりません.

私のヒント

そして’ 正しい方法で肉マレットとオリーブを破ることが重要, 除去することにより、できるだけ多くのそのままを残すように, 同時に, コア. まだ, セットアップ時間が短く、ゼロの調理のものとしている場合, 私たちは、水中でのオリーブのマセラシオンの時間を考慮する必要があります: possono variare da un minimo di 5 a un massimo di 12-15 giorni a secondo della tipologia delle olive, 成熟の度合いとそのサイズ. これは、しばらく時間がかかります’ 「常識の’ オリーブはそれが味付けすることができることを十分に甘いとき理解します: 私の母は、すでにビューから理解します, 油性と粘性になる水. 私はそれらを味わうために持っています, そして、彼らはお菓子になってきた愛するようにしたことを確認してください.

ときに醤油, 家庭用セロリ, ニンジン, ニンニクと唐辛子. 私たちは、オリーブ9月を使用している場合, 代わりに、私たちは、ニンジン、赤唐辛子を使用します, しかし、10月中にオリーブ, 唐辛子は、シーズン中にはもはやない場合, 我々は唯一のニンジンを使用します (それ, 過酷なもの, 冷蔵庫で煮レジストサクサク数日の利点を持っています). シチリア島のいくつかの部分ではオリーブが少しで味付けされている破砕’ オレガノ, ワインビネガーと他の. あなたはシチリア島を愛するならば, すべての私を見ています シチリアのレシピ そして、私は良い一日あなたを望みます!

OLIVE SICILYに粉砕

これを印刷してください
部分: 8 準備時間: 調理時間:

食材

  • グリーンオリーブのポンド
  • 塩, だけで十分な
  • 3-4 spicchi di aglio
  • 唐辛子
  • セロリ, だけで十分な
  • ニンジンや唐辛子, だけで十分な (季節に応じて)
  • エキストラバージン オリーブ オイル, だけで十分な
  • 地面の黒胡椒, だけで十分な

手続

シチリアで砕いたオリーブのレシピ, レシピより, 忍耐の練習. まず、流水でオリーブを洗浄する必要があり.

そうしたら, あなたは肉木槌でオリーブを粉砕しなければなりません, コアを容易に除去することができるように、2つにパルプを壊します. この操作, それは簡単なようです, あなたは力が吹くために必要とされるだけでなく校正する必要があるので、それは実際には非常に複雑です: あなたはあまりにもハードオリーブをヒットした場合, ドロドロに変身します. あなたは少し力を使用している場合, きれいにオリーブを粉砕することはできません. 私はあなたの台所の手袋でこれを行う示唆します, オリーブの取り扱い指が黒くなるので、.

問題はもっと甘いオリーブを作成するには, あなたは、大きなボウルに入れて水でそれを埋めるために持っています, オリーブは、それらが覆われているように、. あなたは、毎日3本のハタネズミオリーブの日に水を変更する必要があります. そして, きれいな水で再び浸漬する前に、, あなたは流水で十分にオリーブをすすぐために持っています. あなたはそれが表示されます, 日が行くように, オリーブは滑りやすいと油性となり、オリーブ色の変更柔らかくなるに水が浸漬されています. そして’ impossibile capire se saranno necessari 5-7-10 giorni, これは、オリーブの大きさに依存するため、, 成熟度とオリーブの種類 (品種). 五日目から, 私はあなたがそれがまだ甘いか苦いかどうかを確認するためにオリーブオイルを少ししてみてください示唆します. 油は苦いある場合, すすぎ水を継続.

オリーブは準備ができているとき, よくすすぐと完璧にパット, そう、彼らは乾燥しています. ボウルにオリーブを入れて, リングにセロリのカットを追加, ニンジンまたは唐辛子のビット (シーズンで), 味に塩と黒コショウ, チリ (全部または薄いスライスで, あなたの好みに応じて、), スライスしたニンニク. エキストラバージンオリーブオイルをたっぷりと季節砕いたオリーブシチリアスタイル, ラップでカバーし、少なくとも1日のために冷蔵庫で調理します. 自家製パンのスライスを使用してオリーブをお楽しみください。, 前菜として、または焼肉とおかずとして働きます. どうぞ召し上がって下さい!

ADVICE

シチリア島の一部の地域で砕いたオリーブシチリアは、乾燥オレガノで香りされています, 他の地域でワインビネガーのスプーンで味付け. あなたは、最大で一週間冷蔵庫で押しつぶさオリーブを保つことができます, コンタクト膜に食品用でカバー.

また、見てみましょう。...

5件のコメント

gianni 2019年11月9日 で 10:06

Da piccolo, ricordo che da mia sorella, marito contadino, c’era una giara di terracotta, con dentro olive verdi intere, pomodoro verdi, peperoncino ecc. erano son acqua e aceto. Quando avevamo pane fresco, con le mani prendevamo le olive: Era festa!. Sai come si fanno? puoi pubblicare la ricetta?.
ありがとう.

返信
Ada パリシ 2019年11月10日 で 21:35

こんにちは! Sicuramente però c’era anche il sale! Credo siano olive intere messe in salamoia con aglio alloro pomodori verdi peperoncini, finocchio e un po’ 酢の. Se però le prepari non le puoi mangiare subito ma dopo qualche mese, perché devono perdere l’amaro.

返信
ドナテッラ 8 November 2019 で 10:50

おはようございます, vorrei sapere se volendo dopo averle condite si possono conservare sott’olio, magari facendo bollire i barattoli
ありがとう

返信
Ada パリシ 8 November 2019 で 22:23

こんにちはドナテッラ, si puoi bollire i barattoli, mettere le olive pressandole bene e riempire d’olio in modo da non lasciare aria all’interno. Ti confesso che io non amo conservare le cose sottolio perché ho sempre paura che resti aria all’interno. ADA

返信
アレクサンダー 8 November 2019 で 09:57

こんにちは Ada

Adoro olive ! pultroppo qua non e possibbile comprarle frescelo so che non sara lo stesso ma lo provero con le olive di alta qualita in vasetto ..maglio di niente ha ha ha
grazie Ada a fra poco guardero le ricette per scegliere il menu per natale ….. faro la cassata in bicchiere sicuramenta perche a favoloso e tutti lo anno chiesto do nuovo 🙂

返信

コメントを残す

このサイトは、スパムを減らすためにアキスメットを使用しています. あなたのコメントデータが処理される方法を学びます.