レビュー: ママ-Ya ローマでラーメン, ボウルに小宇宙

ちょうど 2 ヶ月オープン, 2016 年末に, しかし、すでに、忠実です, ローマ ・ オスティエンセ駅経由数 166 で進学をクロスに喜んで: は ママ-屋, ラーメン ' バラ’ それ, シェフ野田光太郎の指導の下で (ビストロ 64), ラーメンを提供しています “それはいいですね”, グルタミン酸なし, 無添加, いくつかのバージョンでは毎日準備: 野菜までスープから, 厳密に季節. ラーメンはファッション: 私はすでにいくつかの年のミラノであります。 (常に最前線) ローマにかなり最近があると. 中国のレストラン, 日本語と東洋通常既に調整を提案するには, ママの哲学が-雅ラーメンが他の人から出て立ってたいです。: いくつか, 非常に少数の料理, ラーメンが主人公をします。, イタリア料理の哲学を伝える, どのように彼らは、ホルダーを説明します, 表します “ボウルに小宇宙”.

ローカル ドライブに, 小さな, キッチンを見渡せるカウンターで本当に最小限のテーブルと 8 席の場所 30, あるアルゼンチン マリアナ カテッラーニ, 個人的なシェフ, マルグリット ・ サバレーゼ, 者を研究し、日本に住んでロマーナ. ミシュランの星付きシェフ太郎野田だけ研究しているし、このレストランのメニューに働いた, 彼はまたキッチン スタッフに形成 (所有者によって選ばれました。) ローカルの監視を続けていると, それは、ランチ営業 – テイクアウト弁当の提供でも – ディナー (限られた場所があるので要予約). 台所で, 2 人のシェフの熟練の手, 主にいくつかのラーメンを扱う最初の日本語ソース, ラビオリとデザートに専ら焦点を当てて台所で別の女性と, 原材料の季節によって変更します。.

メニューに 3 つの基本的なラーメンは、します。 (チキンと, 野菜と牛肉) 今月のラーメンだけでなく. 流体培養基, チキン, 牛肉の野菜や – 選択豚骨スープにしました, 首都の残りの部分から自分を区別するために – 大きい鍋で毎日用意しています, 野菜と地元のサプライヤーから毎日到着肉を慎重に選択します。. 明確な選択肢, 毎日すべてを準備するには (そして, いくつかのスペシャルの, 数量限定でも), ローカルの哲学が含まれています、さらに収集する必要があります。, 台所として準備する日中消費するには, 整然としたきれいな, 非常に小さい (16 平方メートル) 商品や余剰在庫の数量を格納する場所がないです。. 麺は手作りと通常より厚いとかなりアルデンテに調理された、, 資本のラーメンの大半と対照的に楽しい. また、肉は毎日、調理します。: 蒸し鶏と豚バラ肉が常にあります。, オックス テールが見つかった場合特定の時刻にのみ、非常に数量限定で.

我々 はメニューに来る: ラーメンにもあります、 “おにぎり”, 「アランチーノの並べ替え’ 白いご飯詰め, 海苔添え. おにぎりトリオを試してみました (5 ユーロ) 米昆布と野菜のピクルス, サーモン (鈍) 梅干, 日本漬物にしたプラム. おにぎり 1 個あたり 2 ユーロで個別にもあり、私は絶対に 1 つの梅の味をお勧めします, 私は素晴らしい発見.

そうしたら, 見つかります、 “餃子” (6 個 7 ユーロ), 豚肉と野菜を詰めた焼きラビオリ. 豚のことを味わった, 私は非常に多く、私はよく家で準備が大好き, 優秀であることそれらを発見したと, 充填おいしいとのバランスで, ポットに小さな余分な油だけで罰せられる, ただし伝統的なソースを伴うによってキャンセルされました, 非常にバランスのとれた.

ラーメンの話する前に, 私たちは話す “gohanmono”: 白いご飯の丼, 豚バラ肉のピリ辛とホタテ, ネギと (8 ユーロ); または煮込みチキンと gohanmono, ばねのタマネギ, 海苔と醤油 (9 ユーロ). 後者の料理を注文しました。: 鶏は本当に良かった, 薄くカットします。, やわらかい, 甘さに向い添え, ただし、良質の醤油で、軽減. おいしい.

いくつかのラーメンについて話: メニューには、常に鶏に物 (13 ユーロ), どのような菜食主義 (12 ユーロ), ポーク シチューと 1 つ (14 ユーロ), ・本日の料理, 私の場合は, ラーメンだった “牛テール”, オックス テールとテールのルラードのナージュ (16 ユーロ). すべてのラーメンの中核, 鶏流体培養基があります。, 牛肉と野菜を毎日用意しています. 麺は手作りです。. スープは美味しいが、塩の量含まれています。, スープのような大いに多くはイタリア語です。’ ショウガの風味を読み込めません, 大豆と味噌, 多くの場合過度に塩辛い, ほとんどイタリアのアジア料理のルールになります。. 麺はアルデンテ, ここでは、あまりにも、ほとんどイタリアン スタイル. 新鮮な野菜とさまざまな「トッピング」がありますし、, ラーメンの部分よりも部品 1 個あたりの価格とメニューの存在, 皿に食材と味を追加することができます。: ゆで卵し、マリネ (1 ユーロ), 季節の野菜 (1,5 ユーロ), 海苔 (1 ユーロ), 特別な醤油, スポイトを添えてください。 (1 ユーロ). '大きな' 欲望のため, ポーク シチューの二重線量をことができる鶏の煮込みや (2 ユーロ) また麺の二重の部分があると (3 ユーロ). 豚角煮とベーコン牛肉のスープでラーメンを味わった, かぶら蒸し, サボイ キャベツ, ネギ, ネギと, 明らかに, 卵のダブル線量, 海苔と野菜. ホット, 香りのよい, 本当においしい.

日の終わりに, お勧めします “大福”, 2 つのバリエーションで提供しているもち米麺のケーキ (5 ユーロ): 白豆と小豆ジャム、柑橘類. おいしい, 特に、マンダリンの香り.

別の方法として, 季節のデザートなどを試すことができます。, それは明らかに変わる: カーキ色および明るい緑茶ティラミスとチーズケーキを選びことが訪れるとき (抹茶, 6 ユーロ). そんなにもう一度それをやりたかった、それを好きだった抹茶ティラミス自宅.

顔のドリンク, 本稿では、いくつかの東部のビール (4-4,5 ユーロ), 私は、お酒と食事をお勧めしますが、 (吾妻つやや秋田香織として, 米の罰金品種によって得られる: 6 ユーロを価格します。) または緑色の日本茶のホット注入 (2 ユーロ), 私の意見より中立的なこれらの料理でよりよい付属で. 強くお勧めします.

(2017 年 1 月に訪問)

また、見てみましょう。...

コメントを残す

このサイトは、スパムを減らすためにアキスメットを使用しています. あなたのコメントデータが処理される方法を学びます.